今年2回めのふなばし「派遣村」を実施

  今年2回めのふなばし「派遣村」労働・生活相談会を12月21日(火)午前10時00分~午後3時00分まで、フェイスビル6F・きららホールにて実施しました。

 当日は、21団体100名のスタッフが集まり、36件の相談が寄せられました。相談員は弁護士、ソーシャルワーカー 、司法書士、税理士、市議会議員、県議会議員らがあたりました。相談内容は、「仕事がない、生活費がなく困っている」「リストラに遭い、多重債務に陥っている」「路上生活をしている、住むところが欲しい」「派遣切りされ路頭に迷っている」など切実且つ深刻な相談ばかりでした。相談者された方の中で6名の方が生活保護を申請され、生活支援課にはスタッフが同行しました。また、相談する中で土建の仕事を紹介され、やりたかった仕事に就けると、希望が見えてきた青年もいました。衣類やバック、タオルなどの生活用品も提供し、おにぎりと味噌汁も配給し、おみやげにおにぎりをたくさん抱えていく人もいました。

 この取り組みでは船橋市生活支援課も受け入れ体制を整えてくれましたり、市の生活支援課長やジョブカフェ・ハローワークのセンター長も会場に顔を出してくれ、励ましていただきました。呼び込み宣伝も4カ所で大規模に行い、道行く人からの支援募金も複数の方々からお札でいただきました。

 大勢のスタッフに支えられ、ふなばし「派遣村」を行うことが出来ました。実行委員会としては、年明けに総括の会議をもち、報告集を発行したいと思っています。ご協力いただいた方、ご支援いただいた多くの皆さんに心から感謝申し上げます。

 

                       ふなばし「派遣村」実行委員会事務局長  蕨 和男

フリー アクセスカウンターアクセスカウンター 無料 情報検索エンジン 登録Favorit Blogウェブレインボー
無料レンタル掲示板,チャット